鳥3

鳥4

鳥2

鳥1

5月の例会報告

遅くなりましたが、5月の例会報告をいたします。
5月21日アーベルの会の例会が開催されました。参加者は6名でした。
今回は例会報告というよりも個人の雑感、つぶやきといった内容になっています。
突然ですが、高見順さんの「われは草なり」という詩をご存知でしょうか。 われは草なり 伸びんとす 伸びられるとき 伸びんとす 伸びられぬ日は 伸びぬなり 伸びられる日は 伸びるなり (以下 省略)
私はこの詩を2005年にアーベルの会の研修会で、田中康雄さんお話で初めて知りました。 田中さんは当時 北大大学院教育学研究院教授で、現在は札幌東区「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長をなさっている児童精神科の第一人者です。 もう20年近く前のことです。「子どもの発達段階について」という題のお話でしたが、お話の最後でこの詩を紹介されたのです。 その時「僕は子どもの成長というものは、本当にまさにこの詩のとおりだなぁといつも感じているのです」とおっしゃいました。 児童精神科の第一線で長い間子どもと関わってきた田中さんが実感込めて言われたのです。
そのときから私の中でこの詩が忘れられないものになりました。
自分の中で何度も反芻し、孫が生まれてからは子育てに悩む娘にも伝えてきました。 自らの力で伸びようとしない草はありません。 子どもは自らの力で伸びていきます。 伸びられは伸びぬなり、伸びられる日は伸びるなり」 子どもはそうやって育っていくものなんだと思います。
次回の例会について ・日  6月18()13時〜16 ・会 場 札幌エルプラザ(札幌市北区北8西3) 三階 多目的室 ・参加費 300 途中からの参加、退席でもかまいません。 お気軽にご参加ください。



〇問い合わせ先
相談等のご連絡はこのアドレスにお願いいたします。

s_aberunokai@yahoo.co.jp