鳥3

鳥4

鳥2

鳥1

5月の例会報告

5月17日アーベルの会の例会を開催しました。
参加者は
14名、初参加の方は3名でした。
今月も、学校との対応に困っているという話、発達障害起立性調節障害の話、スクーリングや修学旅行の話、高校進学についての話などが話題になりました。 不登校あるあるでどなたにも共通する悩みもあれば、十人いたら十通りのそれぞれが抱えるそれぞれの悩みもあります。でも同じ不登校を経験しているからこそ辛さ苦しさを分かりあえると思います。 参加歴5年目ほぼ毎回参加のお母さんがおっしゃっていました。 「子どものことを他人に話せる場所がここしかないんです、月一回ここで自分の思いを話すことでモヤモヤが少しすっきりする感じです」 私たち事務局としてもまさしくこれが親の会の存在意義ではないかと考えています。
お知らせがあります。 626(日曜日)11:30~16:00、札幌コンベンションセンターにて、通信制高校 進路相談会「新しい学校選びフェア」が開催されます。 詳しい内容についてはネットで検索してください。 https://new-schoooool.jp/fair-sapporo
次回例会について 日 時: 621日(火)13時~16 会 場: 札幌エルプラザ(札幌市北区北8西3)4階 研修室 1 参加費: 300 マスクの着用と各自飲み物持参でお願いします。 途中からの参加退席でもかまいません。 お気軽にご参加ください。

 

4月の例会報告

 4月19日アーベルの会の例会を開催しました。参加者は13名、初参加の方は2名でした。

  今月は新学期に入り、初めての学校初めての担任とのやりとりで、モヤモヤを抱えているストレスを抱えているという悩みが話題になりました。
毎日の欠席連絡の問題、学校からのプリント受け取りの問題、給食費PTA会費の問題、行事参加可否の問題、、、目の前に積み重なっていくこうした問題が、親を追い込んで疲弊させていきます。親が抱えるこうした現実を、学校の先生にはなかなか理解してもらえません。
 でも、やっぱり最優先にすべきは我が子です。親は子どもの代弁者となって、子どもの辛さ思いを学校に伝えるのが役目だと思います。
子どものことをよくわかってほしい、こうしてほしいと伝えたい、これはできないと断りたい  と思っていても、いざ教師と1対1で向き合うと自分が考えていることの何十分の一しか言えなかったりします。
 そこで親として学校に伝えたいことを文書にして渡すという方法を、「多様な学びのプロジェクト」が「学校への依頼文」フォーマットとして公開しています。ぜひお読みになることをお薦めします【拡散歓迎】「学校への依頼文」フォーマットを公開しますwww.tayounamanabi.com www.tayounamanabi.com  

 
 例会の最後にアーベル参加歴
10年の先輩お母さんから、元気をもらえるお話がありました。
「成人した子どもが仕事に悩み電話してきたけれど、私は全くオロオロしたり心配したりしませんでした。不登校を経験して
親の会で学んでいたので、子どもを信じて見守ることができました。不登校の経験は悪いことばかりじゃない、親も子も成長させてくれた経験だったと思います。」  そして参加されたお母さんからメールをいただきました。ご本人の承諾を得たうえで掲載します。 「お忙しいなか、不安や悩みに耳を傾けてくださりアドバイスをいただける会を開いていただきありがとうございます。昨日もみなさまのお話に希望と元気をいただきました。 今を楽しむこと、親の不安についてなどよいヒントをたくさんいただきました そして気付かされることがたくさんあります。 ひとりで悶々と悩んで本やインターネットにヒントを探していた私ですが、困ったことや悩みがある時はアーベルの会に行ってみようと心の拠り所ができた気がしております。 さまのあたたかいお気持ちに助けていただいていることに感謝の気持ちをお伝えいたしたくメールをさせていただきます。ありがとうございます。」  事務局の私たちにとって、この会が少しでも誰かの役に立っていると実感させてもらった嬉しいメールでした。 次回の例会について 日 時:5月17日(火)13時~16 会 場:札幌エルプラザ(札幌市北区8西34階 大研修室C 参加費:300 マスクの着用と各自飲み物持参でお願いします 途中からの参加、退席でもかまいません お気軽にご参加ください

 

4月の例会開催のお知らせ

北海道に出されていましたまん延防止等重点措置が解除されましたので、4月のアーベルの会の例会を開催いたします。

 「春は希望にあふれた季節」といいますが一方で新しい環境に慣れるのが大変なお子さんもいます。
 不登校のまま進級して担任が変わると、対応が変わって困惑することもあります。
 学校現場は管理職が変わることによって不登校に対する姿勢が一変してしまう場合もあります。
 新学期が始まって新たな悩み辛さに直面している親御さんがいらっしゃるかもしれません。
 例会で悩みを聞いてもらうだけで、少しでも肩の荷が軽くなればいいなと思っています。
 学校を卒業したお子さんのお母さんには、ぜひその経験を報告しに来ていただけたら嬉しいです。後輩お母さんたちがいちばん聞きたい情報だと思います。


4月の例会について
日  時4月19日(火) 13時~16
会  場札幌エルプラザ(札幌市北区8西34階 大研修室C
参加費300

マスクの着用と各自飲み物持参でお願いします。
途中からの参加、退席でも構いません。
お気軽にご参加ください。

 

お知らせ

函館アカシヤ会の野村さんから下記番組のご案内をいただきましたのでご紹介します。

    

「セルフドキュメンタリー 不登校がやってきた2 聞きたい 子どもたちの声」

NHK BSスペシャ

202242日 午後9時(初回放送日) 

20224月9日 午前850分(再放送日) 

小学生のわが子が突然不登校になった。学校に行かせるべきか?気持ちを優先し休ませるべきか?。私はテレビディレクター。同じ問題をかかえる子どもたちに初めて聞いてみた。

 

小学生のわが子が突然不登校になった。学校に行かせるべきか?気持ちを優先し休ませるべきか?私はテレビディレクター。みずからカメラを持ち、同じ問題をかかえる子どもたちに聞いてみた。文科省の調査では、3割は先生や友達に原因があるという。その実態は?不登校になったきっかけ?学校や親について?そして不登校である自分自身について。初めて知った“不登校の真実”。学校とは教育とはその本質に迫るこん身の記録。

https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/MX8Z3X71KP/



 

3月の例会中止のお知らせ

みなさんご承知のとおり、北海道に出されていたまん延防止等重点措置が延長されました。そのため2月に引き続き3月の例会も中止とします
感染者もゆるやかながら減少傾向にあり、この1ヶ月を乗り切れば4月には心配なく例会を開催できるのではないかと期待しているところです。 
今年の冬は例年にない大雪で、みなさん大変なご苦労をされたことと思います。 でも厳しい冬を乗り越えなければ春は来ません。冬が過ぎれば必ず春はやって来ますから! 3月4月は子どもさんにとっても親御さんにとっても大きな節目の時です。 4月の例会には、この節目の日々をどのように乗り越えたのか、どのような思いで過ごしたのか、お話してくださる方がたくさん参加してくださるとありがたいなと思っています。 お子さんのことで気になること、不登校や子育ての悩みなど、メールにてご相談をお受けしています。一人で悩まないでお気軽にご相談ください

問い合わせ先
s_aberunokai@yahoo.co.jp

2月の例会中止のお知らせ

220日まで、北海道に国のまん延防止等重点措置適用されることになりまた。 

コロナウィルス感染拡大防止のため、215日(火)のアーベルの会の例会を中止いたします。

コロナ禍が早く収束し、皆さんにお会いできることを願っています。

お子さんのことで気になること、不登校や子育ての悩みなど、メールにてご相談をお受けしています。一人で悩まないで、お気軽にご相談ください。

問い合わせ先

s_aberunokaiyahoo.co.jp(〇は@に変えてください)

 

1月の例会報告

年末年始の寒波、その後の大雪そしてコロナオミクロン株の感染拡大と、波乱の幕開けとなった2022年ですが、今年1回目の例会を18日に開催しました。
参加者は11名、初めて参加の方1名でした。
今回は、息子さんが中学時代不登校通信制高校に進んで二年目というお母さんが15ヵ月ぶりに顔を見せてくれました。 息子さんは普通の通信制とはちょっと異なる特色ある学科で学んでいて、その内容を具体的にお聞きすることができました。初めて知ることがたくさんあり勉強になりました。 そのお母さんの言葉を紹介します。 通信制に入学した頃は、朝起きてこないとまた行かなくなるんじゃないかと不安で胸がザワザワする日々でした。 今はコロナ禍で休校が多く家に居ることが多いですが、現在の方が息子と上手くやれている気がします。 上の子が大学進学で家を離れた経験から、子どもと過ごす時間は長い人生の中でほんのわずかなんだと実感したので、今はその時間をゆっくり味わっている感じです。」
お話を聞いて、家の中で子どもと共に過ごす時間を大切に思えるなんてステキだなと思いました。「子どもが毎日家に居ることがしんどい、辛い」これはたいていのお母さんが感じた思いでしょう。 でも子どもはいずれ自立していきます。ずっとこのまま家に居るのかと思った子どもはいずれ自分の道を歩き始めます。 なかなか難しいとは思いますが、今家に居る我が子との時間を少しでも楽しもうという気持ちが持てたらいいですね。
次回2月の例会は
15日を予定していますが、北海道にもまん延防止等重点措置が発出される見通しとなり、実施できるかどうかわかりません。 お知らせがギリギリになる場合があるかと思いますが、当日アーベルの会のHP、ブログを必ず確認していただきますようお願いします。 2月例会予定 日 時: 215日(火曜日) 13時~16 会 場: 札幌エルプラザ(札 幌市北区北8西3)4階 研修室5 参加費 300 マスクの着用と各自飲み物持参でお願いします 途中からの参加、退席でもかまいません。お待ちしています。